観光業界の
国際化に対応できる、
グローバルな人材を
育成しています!!

近年の訪日外国人観光客の大幅な増加や、2020年に控える東京オリンピック・パラリンピックの開催など、観光業界にもグローバル化の流れが進んでいます。そこで「国際的なマナーとホスピタリティを身につけた人材育成」を教育方針とするIBCでは、こうした観光業界の流れに対応するためのグローバル社会に対応する教育環境づくりに取り組んでいます。

平成28年

福岡市を訪れた外国人観光客
257万人

福岡市 観光統計より

日本を訪れた外国人観光客
2403万人

日本政府観光局より

5年連続過去最高を更新!
取り組み1

Language lessons

観光業界で役に立つ、
多彩な語学授業

就職活動で求められる英検やTOEICの取得に向けた対策授業のほか、「ホテル英会話」や「空港英語」といった、目指す業界に対応した授業科目を設置しています。英語だけではなく、選択制の第二外国語で韓国語や中国語などの授業を受けることもできます。

取り組み2

Overseas practical training

海外で経験を積む、
幅広い留学・海外実習制度

全員が海外での語学留学とホテル実習を経験することができる「国際ホテルマネジメント科」をはじめ、どの学科の学生でも希望者は最大1年間の留学を経験することができます。平成29年度は、13人のIBC生がこの制度を利用して海外留学を経験しました。

取り組み3

Support system

学生の留学をサポートする
専門スタッフを配置

留学・実習に参加する学生をサポートする専任スタッフが、実習前のアドバイスや実習中のフォローを行います。また、留学中も担任が帰国後の就職活動の相談を行うなどIBCの留学制度なら、留学中の不安や困りごとも細やかなサポートを受けられるから安心です。

取り組み4

International exchange

留学生が同じ教室で学ぶ
IBCならではの国際交流

平成29年度に開設された「国際ホテルマネジメント科」では、アジアやヨーロッパの様々な国からの留学生が日本人学生と共に学んでいます。英語をはじめ様々な国の言葉や文化を学ぶ意識が高まります。